So-net無料ブログ作成

廃墟&近代化遺産(万田坑でとことん遊ぶ) [廃墟&近代化遺産]

 

[大牟田・荒尾探検シリーズ第11弾]

 

 

 

ちょっとツーリングなどに行ってまして間が開きましたが

いよいよ大牟田・荒尾探検の最終回となりました。

 

廃墟5連発の最後を飾った廃墟はタイトルにも

書いてますがここ!

 

 

 

「やっぱり!」と聞こえてきそうだが

廃墟ハンターだってメジャーな廃墟には行くのだ。

 

大牟田を代表する近代化遺産である「万田坑」

 

映画「青春の門」のロケも行なわれた

歴史的な炭鉱の遺構だ。

 

当然、何も調べずに行ったので都合よく公開日などに

当たるわけも無く、早速覗きに専念するハンターなのだ。

 

この万田坑は明治30年(1897年)から明治41年(1908年)にかけて

第一竪坑と第二竪坑が作られ、

高くそびえる櫓は第二竪坑のものだ。

 

 

正門から入って左手に広い空き地があり、

どうも汽罐場の跡らしい。 

[汽罐場跡の煉瓦の施設の一部]

 

 

こうした煉瓦の壁や残骸が散乱している。

 

 

その延長線上に汽罐場からの蒸気を出す為の

煙突が2つ並んで建っています。

かなりデカイ

 

藪の中に埋もれる無骨な

コンクリートの塊にもロマンを感じるハンター・・・

 

しかし、この藪に行く手を塞がれる!

 

「クッソ~! 何処か藪の薄い場所は無いのかー?」

隣にある変電所のフェンスとの隙間を行こうかどうかと

迷いながらフェンスにしがみついてカニ歩きを始めた時、

なんと藪の中を平然と犬の散歩をする年配の方が!

 

 

エッ!?

 

なんで?って思ってると

反対側に道がありました!

しかも舗装された・・・道が・・・(汗)

 

危なく、無駄な苦労をするところでした。

 

古い赤煉瓦も良いのですが

こんな風に古くなって煤けたコンクリートも

結構好きなんだよねー。

 

 

やや手薄になった藪には誰かが煙突に近付いた跡のように

道が出来ています。

まさにこれこそ[廃墟道]

 

その王道を辿ると煙突の真下に行けます。

 

反対に回り込むと入口を発見!

 

しかし、藪が凄くて覗くのは至難の業のようです。

 

仕方ないのでカメラだけ藪の隙間に突っ込んで

撮ってみます。 (ここで突っ込んだ腕を何者かに掴まれたら気絶するな・・・きっと)

 

下は普通に土があって草が生えてるので塞がってるようです。

 

見上げると流石に煙突らしく丸い空が見える。

鳥の巣から空を見てるような感じですが

ここまで中に草が生えてることに時間の経過を感じますね。

 

 

汽罐場から振り返ると第二坑櫓の全体が良く見えます。

[第二竪坑櫓] (塀に登って撮っています)

 

反対側はどうなってるのだろう?

やっぱり入れなくても全部見たいよね。

 

 

早速一周して見ようと思い立ち、

歩き出すとすぐに怪しい地下道を発見してしまった!

 

 

 

何だ! ?

 

しかも開いてるゾ!

これは「入れ」って言ってるのか?

 

 

しっかり大人一人がきちんと入れるように

穴が開いてます。

 

 

この微妙に開いてるのは

もしかすると廃墟ハンターへの挑戦状なのかも知れない。

それならば、逃げるわけには行かないじゃないかっ! 

(ひ、ひとりでも入れるもん!)

 

 

華麗なジャンプで飛び降りて

身をかがめて中に入る。

(ドキドキ)

 

 

 

ナゲ~!

 

でもなんだかちょっとカッコイイ!

 

 

 

歩き出すとコツ~ン! コツ~ン!と足音が響く。

 

 

 

緊張でカメラを持つ手に汗が・・・

 

 

真っ暗なエリアを過ぎると

所々に採光用の穴が開いている。

見上げると、良く見えないが

敷地内に入ってるようだ。

 

暗いトネンルでもこうして光が入るところには

草が生えている。

非現実的な光景です。

 

ちょっと気味悪いけど

中々幻想的なトンネルでしょう?

でも、ここは廃墟の地下なのだ。

 

 ちょっと動画も撮って見たけど・・・↓

 


地下道潜入 posted by (C)響

 

 

実はこれ、

昭和8年に出来た大牟田とつながる地下道で

敷地内を通らずに抜ける為の生活道路として利用され、

通称「桜町トンネル」と呼ばれていたようです。

 

結局、反対側は塞がれていて

戻るはめになりますがかなり探検気分を味合えます。

 

 

トンネルを出て遠巻きに回って見ると

ちょうど三池炭鉱専用線跡を歩くようになる。

何処までも続く廃線跡

 

 

振り返ると前回の宮原坑の櫓が見えるので

共有していた貨物線でしょう。

 

藪や暗いトンネルでもなく

いたって快適に歩ける道を行くと藪の中に

当時の置き土産が埋もれていました。

こうした、ちょっと淋しい感覚になるのも

廃墟ハントの醍醐味で

ハンターの感受性をさらに豊かにしてくれます。

 

線路跡をさらに歩いていると

トロッコの軌条とプラットホームの跡が見える。

建屋はボロボロですが

トロッコのレールがしっかり残っています。

 

地元の人が使ってるのか

ドッグランの設備が置かれていました。

 

さらに廃線跡を進むと正門からちょうど

反対側まで来ました。

 

ここから見る万田坑が一番廃墟らしく見えて

好きです。

 

でもちょっと離れてるなー。

 

 

しばらく歩いてると隣の工場の所まで来てしまった。

 

 

工場のフェンス沿いに綺麗な道があったので

変電所の方へ抜けれるだろうと思って入ってみましたが

これって・・・

 

 

 

これって、もしかして・・・

 

 

 

 

わたくし・・・

 

 

 

入ってます??

 

イヤ~! これってどう見ても入ってるでしょう!

 

 

あのフェンス沿いの道を行くとなんだか知らない間に

入れるようです。

 

すると中を案内している係りの方がいて

目が合ったので会釈すると会釈されてしまった(笑)

 

怒られるかと思ったのに・・・

僕がとっても良い人に見えたのでしょう。

 

あの人、見る目あるな。 (*`▽´*)フッ!

 

 

 

 

万田坑を櫓側から見るとこんな感じ

錆び方が絶妙で美しい! (廃墟ハンター的にはピカピカに塗ると評価が下がるのだ)

 

 

巻揚機室の煉瓦の補修工事が行われているから

邪魔にならないところだけを見て回ります。

 

 

 

第二竪坑の入口?

 

それとも第1坑の入口?

 

トロッコのレールがそのままの状態で残っています。

 

竪坑から産出された石炭がここから運び出されていたのでしょう。

 

 

真上には第二竪坑櫓がそびえる

 

そびえる・・・?

 

見上げる・・・?

 

 

 

 

 

カ、カラダが勝手に・・・

 

 

 

「イデヨ! シェンロン!」 (完結)

 

 

 

 

最後のポーズが撮れて満足したハンターは

満足したので周りをちょっと見て退散します。

 

 

狭い敷地の中をトロッコの軌条が張り巡らされている。

 

中には取り残された炭函も

 

 

絵に描いたような絶妙な残し方ですが

映画を撮った時にこの場所に置いたのだろうか?

 

 

 

竪坑櫓の付け根から中心部を覗くと

煉瓦の建物が迷路のように建ち並んでいるのが

見渡せる。

右奥のアーチが重なったような意匠がカッコイイ。

目の前の△の頂点が重なる部分もさりげないですが

綺麗に角度を合わせて重ね合わせているのが良くわかります。

 

 

 

 

内部調査は工事中ということであきらめ

第一竪坑跡の方へ

 

竪坑の基礎の跡なのだろうが

西洋の遺跡のようだ。

 

 

ショッカーの基地でもありそうな雰囲気が漂う。

 

 

 

ひょっとすると奴らのアジトはこの奥かもしれない。

 

ついに見つけたかっ?

 

 

気配を消して様子を伺う・・・

 

誰もいないようだな。

 

深さは273mで、その最深部が奴らの基地なのだろう。

 

 

ん?

 

これだな?

 

ここに間違い無い!

 

 

よし!

「変身だっ!」

 

「へ~んし~・・・」

 

 

 

し、しまった!

 

今日はバイクじゃないので変身できないじゃないか!

バイクに乗らない仮面ライダーはカッコ悪すぎるぞ!

 

爆破する地面の横をハァハァ言いながら

自分の足で走るのは

ヒーローの登場としてはふさわしく無いのだ。

 

 

俺としたことが・・・

 

くっそ~!

あの奥に奴らの基地があるというのに・・・

 

 

 

次回、仮面ライダー響亀

「ヒーローはバイクで再び現れる! 待ってろ!ショッカー!」

をお送りしたし・・・

 

 

 

 

 

ません。

 

 

「大牟田ツーリング」の企画立案まで

最終対決はお預けなのだ。

その時は1号から何号まで幅広く募集します。

 

ライダー大集合スペシャルなのだ~! (って!何時の話だぁ?)

 

 

 

今回は延々と徒歩で回ると偶然に入ってしまったけど

良い子は真似しないように

何時までも少年少女の気持ちでいられる廃墟はココ

 

 

 

※注:今回はちょっと入れたのを良いことに

勝手にウロウロしてしまいましたが本当は

保存費用200円を払わないといけないようです。

管理する市の窓口に申し出れば巻揚機などが

見れるようですので許可をもらって入るようにしましょう。


nice!(43)  コメント(62)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 43

コメント 62

ゆう

あははは・・・最終回はとっても面白かった。
廃墟で響さんがソロソロ歩くのは今まで潜入した廃墟が脳裏に
焼きついているからではないかと推測すますた。
「ついに見つけたか」の写真はあれは刑事ドラマでみるシーンの
ようでカッコよいね。
大牟田ツーリングで変身するんですね、はい、見届けてレポりたいと
思います。
by ゆう (2008-02-23 07:32) 

ひろくるくる

すばらしい残り方ですね。見ごたえ十分です。
仮面ライダー大集合。とっても楽しみです。
by ひろくるくる (2008-02-23 09:09) 

OhIke0725

さすがは、隊長!タダでは帰って来ませんね。
公開の時にウロウロしていると入れる所はあるなとは思っていました。
隙間だらけですからね。(笑)
第一竪坑櫓は鍵が掛かってましたか?
確かフェンスがありましたよね。
公開の時は竪坑櫓を見に行きましょうね。
by OhIke0725 (2008-02-23 09:53) 

兄貴、脚の組み方とサングラス姿が浜田省吾のLPみたいになってますよ。
by (2008-02-23 11:36) 

xml_xsl

響 さん、こんにちは、=(^。^)=
冬枯れの雑木、笹に埋もれそうな、丸い建造物!、
探険意欲を、ガン!ガン!かき立ててくれます~*、
いつもの、たっぷりの臨場感ある描写にも、満足しました!、(^。^)/
by xml_xsl (2008-02-23 11:57) 

たいよう

万田坑は宮原坑のように定期的に公開はしてないようなので、ライダー集合の機会があったら、見学を申し出るといいかもしれませんね~

変身してる所で、青春の門の炭鉱事故の場面が撮影されましたが、小雪舞う中水浸しになって大変でした。
by たいよう (2008-02-23 12:00) 

初めまして(^^

大牟田と聞いて、昔付き合っていた人が大牟田でして、懐かしく・・・ってどうでもいいですね。。(^^;

炭鉱跡を見たのは初めてです。こんな風になっていたんですね~

小さい頃から、探検大好きな私。見に行きたくてちょっとウズウズしてます(笑)
by (2008-02-23 12:17) 

画伯

すばらしい保存状態。行ってみたいです。
放置では、こうはなりませんからね。
さすがはメジャー廃墟!
by 画伯 (2008-02-23 15:43) 

なな

響さんの案内で歩き回りた~い。
楽しそ~。
地下通路、通ってみたいです。
by なな (2008-02-23 16:16) 

S/C

ここは素晴らしい!
いいなぁぜひ訪れてみたいです
縦抗櫓とレンガ造りの建屋がサイコーです
天空の城ラピュタに出てきそう!?
トロッコや軌道跡、地下道跡いい状態で残ってますね。
やっぱり管理されてる所は違いますね。
by S/C (2008-02-23 17:02) 

kimiko

おひさしぶりです。

今回もかなり充実したハンター旅だったようですね!
地下道潜入・・スリラー映画のワンシーンのようで怖かった〜(^^;
頭の中にシナリオがあって撮ってますね?・・役者もいいしー♪ww
写真ドラマを見てるうち動いて見えてきちゃうんですよ~(爆)
将来、動画をもっと長くして映画にしちゃってください!
とっても楽しませていただきました♪^^
by kimiko (2008-02-23 17:47) 

しろのぽ

きまったぜ最終回!さすがラスボス!って感じですね。
そして次作への伏線もしっかり忘れちゃいないとは、さすがです。
地下道は女性隊員が似合いそうです(個人的感想)。
それにしても、時間の作った美しさを、そのまま保ってくれていることがありがたい限りですね。
by しろのぽ (2008-02-23 18:08) 

ぞうR

こんばんは。
ほんとにすごいとこですねぇ。
ところで、シェンロンを呼んだ後は、なんか目線が高いところのような気がするのですが・・・まさか登るわけないし、空を飛んだんですよねぇ。
by ぞうR (2008-02-23 20:33) 

miyomiyo

シェンロンを呼び、さらにライダーに変身するとは、、、、さすが体調です。
変身するときにはライダーベルトを忘れないで下さい。
by miyomiyo (2008-02-23 20:53) 

テトラ

今回も盛り沢山な内容ですね。
特に第一竪坑跡の雰囲気が好きです。
ほんと、ヨーロッパの遺跡の様でもあるし、
要塞の跡みたいにも見えます。
廃墟と青空の対比が素晴らしいです。
by テトラ (2008-02-23 21:56) 

hoshizou

ここは、キングオブ廃墟、いや、廃墟の王様は軍艦島だから、
万田抗は、女王様ですな。
本当にすごい。
我々も一度訪れたのですが、万田抗様に対する姿勢が違いすぎます。
どうも観光気分だったようで、恥ずかしい限りです。
もう一度、初心に帰って探索します。ライダーを名乗るのはおこがましい
ので、私は FBIの滝になります。 弱いよ~ 役に立たないよ~
by hoshizou (2008-02-23 22:52) 

テリー

確かに、すごい、歴史的な遺産ですね。
トンネルの動画は、スリルがありましたよ。
by テリー (2008-02-23 22:59) 

T2

次の流行は「変身ポーズ」ですかっっ!?
しかし、深さ273mって、これは強敵ですね(笑
by T2 (2008-02-23 23:41) 

りか

今回はスリル満点でしたね。映像はドキドキしました。
鉄骨がむき出しの廃墟には、何だか迫力を感じ、行ってみたくなりました。
一緒に見ていた娘が言っています…。
「村人全員が惨殺されて、今は廃墟になった村」「得体の知れない菌に
犯され、全員が謎の死を遂げた病院」…そんなオカルト的な「都市伝説」
みたいな存在が好きだと言っています。
私はギョッとしましたが、もしかしたら私の元夫の血が流れているとも
感じました。
夫は監察医務院で、死体の防腐処置をしていた法医学者で、彼の部屋には
ミイラの指や、溶液がゴロゴロしていました(^^;)
by りか (2008-02-24 00:13) 

エバンス

動画いいですね。
臨場感があって最高です。
コツコツいう音が何とも言えませんでした。
by エバンス (2008-02-24 00:50) 

an-kazu

見事な廃虚っぷり(←どんなんだ?)ですね(^^)v
by an-kazu (2008-02-24 01:10) 

こんばんは、だい吉です^^
さすがに映画の撮影に使われるだけあって、素敵ですね~
特に地下道は萌え~です^^
バイクが無くて変身できないときは、車でジャンボーグ9に変身するのはいかがでしょう?(古っ!・笑)
僕のオフ車では変身できんなぁ~^^;
by (2008-02-24 02:04) 

unico

コツコツ・・・と靴音を立てながら歩いているヒーローが・・・突然
真っ暗闇のとらわれの身に!?!・・・なったかと思って出口の
明かりが見えたので、今日も安心して眠れます~。ZZZ
今回もドラマ仕立てで傑作でゴザイマスー、響きさま。(笑)
by unico (2008-02-24 03:28) 

pace

日活映画を思い出したりして・・・・・・
by pace (2008-02-24 12:45) 

yogawa隼

青春の門を劇場で観た時(昭和50年春)、
キャラ的に印象に残っているのが、
小沢昭一さんです (落盤現場にて)。
by yogawa隼 (2008-02-24 14:17) 

ほにゃま~れ

渋い!渋すぎます!!(廃墟も、そしてもちろん響さんも)
大牟田いいわぁ~
旅行がてら行ってみるかなぁ・・・
by ほにゃま~れ (2008-02-24 19:23) 

wpo

期待を裏切らない最終回を楽しませてもらいました。
以前,元炭鉱マンに案内してもらって見学したときを
思い出しました。
万田抗は,そばにある万田炭鉱館にお願いすると
500円(維持費の足し)で案内してもらえますよ。
ランドマークタワーと同じ高さ(深さ?)の第一竪坑は
高所恐怖症には怖すぎ。
網網の板から除くと竪坑の底は50m程水がたまってました。
by wpo (2008-02-24 19:49) 

key

こんばんは。
流石!充実の最終回ですね~!!

桜町トンネル。好きですね~この雰囲気。
これが生活道路だったなんて驚きです。

坑櫓や建物の朽ちブリがいいですね~w
by key (2008-02-25 01:50) 

ぱどるている

動画、何かの映画のワンシーンみたいでサイコーです!
出でよシェンロン完結ですかぁ~。何か寂しいです。今後のポーズに期待しますね!
by ぱどるている (2008-02-28 20:51) 

響

◆ ゆうさんへ
ここは凄い廃墟でしたよ。
でもめちゃめちゃ判りにくい場所にあります。
あのトンネルは見た目は明るいけど
かなり怖い。
あの暗闇でショッカーに襲われたらとても危険です。
今度はしっかりお金を払って堂々と敵の本拠地へ乗り込みたいと
思ってるのでライダーに変身して行きましょう。

by (2008-02-29 10:33) 

響

◆ ひろくるくるさんへ
ここは凄いでしょう?
ライダー集結は秋ぐらいがいいでしょうねー。
係りの人に案内されながら変なポーズで写真を撮りまくる
シーンが浮かんでしまいます。


by (2008-02-29 10:36) 

響

◆ OhIke0725さんへ
タダでは帰ってこなかったのですが
タダで入ってはいけませんよね?(汗)
アハハ、小心者でしたので櫓周辺をササッと見て
端っこで写真とって遊んで帰りました。
みんなと来るときはしっかり正門から入って巻揚機などをじっくり見たいです。

by (2008-02-29 10:38) 

響

◆ STEALTHさんへ
なんたって浜省世代ですから・・・(笑)
ここでギターもって歌うとかなりいいプロモが撮れそうですよね。

by (2008-02-29 10:40) 

響

◆ xml_xslさんへ
一緒に探検気分を味わってくれただけで
嬉しいです。
トンネルの中とか、もっとビビラずにしっかり色々見てくるべきだったと
思ったりします。


by (2008-02-29 10:43) 

響

◆ たいようさんへ
さすが映画に出演しただけあって
リアルさが一味違うコメントをありがとうございます。
ここはじっくりみんなと見たい場所ですね。
今度はコソコソとでは無くしっかり案内つきで見学したいです。
でも、みんなで変な写真ばかり撮り出すと
この人達は何しに来たのだろう?って係りの人に思われないか心配です。
by (2008-02-29 11:12) 

響

◆ はりゅさんへ
はじめまして。
大牟田にはそんなエピソードがありましたか?
大牟田は歴史的廃墟=近代化遺産が多くて
何度行っても飽きない街ですね。
きちんと手続きすればゆっくりと見学できそうなので
またリベンジする予定です。

by (2008-02-29 11:15) 

響

◆sonicさんへ
古さを残しつつ
素晴らしい保存状態だと思います。
sonicさんだったら近くにある凸電車などがとっても
キュンってくるんじゃないでしょうか?
by (2008-02-29 11:18) 

響

◆ ななさんへ
あの地下通路は怖かったけど面白かったです。
用水路と思って入ってたのでかなり怖かったです。
帰り際に案内板をみてトンネルだったと知りました(笑)
僕の案内でよければ喜んで御案内しますが
かなり藪の中を歩きますよ(笑)

by (2008-02-29 11:21) 

響

◆ S/Cさんへ
日本を支えた近代化遺産はやっぱり
最高の物件でした。
近くに史料館があり、そこにお願いすると入れるようです。
僕のルートはかなり邪道だし、かなりの距離を歩くので
正攻法で入ることをお勧めします。
まぁ、入らなくても外から見てるだけでも十分迫力はありますよ。
by (2008-02-29 11:25) 

響

◆ kimikoさんへ
アハハ! シナリオとかは何にも考えずに撮ってますが
帰ってから採用する写真を選んで来てるうちに
段々変なシナリオへ向かってしまうことはよくあります。
動画編集はセンスが無いのでお見せできる物はまだまだ先になりそうです。
by (2008-02-29 11:29) 

響

◆ しろのぽさんへ
すみません、予告だけ大げさで・・・(汗)
ただ最後に持ってくる近代化遺産としては良い選択をしたのでは
ないかと思っています。
バイクの女性メンバーはこんな暗闇でもズカズカ入るから
とっても頼もしい存在です(笑)
by (2008-02-29 11:32) 

響

◆ ぞう517さんへ
ドキッ!
なんで登りたいって思ってたのがわかったのでしょう?
高い所は怖いけど好きなんですよねー。
でも、歴史的遺産に登るのはさすがに我慢しました。
シェンロンは何度も呼んでいますが、まだ願いをかなえてもらって
ませんのでまた何度も呼んでみたいと思います。
by (2008-02-29 11:35) 

響

◆ miyomiyoさんへ
そうなんですよー。
今回はライダーベルト以外にもバイクまで忘れて
うっかりライダーを演じてしまいました(笑)
by (2008-02-29 11:37) 

響

◆ テトラさんへ
煉瓦でなくても遺跡に見えるから不思議ですよね。
今回は邪道なルートで入ってしまってますので端っこで
遊んで帰りましたが、次回は申し込んで中に入って堂々と
変な写真をいっぱい撮りたいです。

by (2008-02-29 11:40) 

響

◆ hoshizouさんへ
ライダーの格好だと散策するには向いてないので
仕方ないですよ。
軍艦島はたしかに廃墟のキングですね。
昔は釣りなどで上陸できてましたが
その時に廃墟道に足を踏み込んでなかったのが悔やまれます。
クイーンの廃墟は申し込んだら堂々と入れるようなので
またみんなと行きたいですね。
by (2008-02-29 11:45) 

響

◆ テリーさんへ
動画は革靴を履いてたらもっと雰囲気が出てたでしょうね。
そもそも、あのトンネルは自分の足音の響にビビリます。

by (2008-02-29 11:46) 

響

◆ T2さんへ
あのポーズは流行るでしょうか?(笑)
誰もいなかったので撮れましたが
観光地でアレが出来たらもう、一人前ですね。
T2さん、頑張ってください!
by (2008-02-29 11:49) 

響

◆ ritaさんへ
アハハ!凄い想像力ですね。
バイオハザードに世界じゃないですか。
でも、地下道などまさにそのイメージにピッタリですね。
法医学って一般の人にはまったく縁がない御職業ですが
やっぱり最初は怖いのかなー?

by (2008-02-29 11:52) 

響

◆エバンスさんへ
ありがとうございます。
あのトンネルは何が怖いかと言うと
暗闇でも、狭さでもなく、自分の足音が一番怖かったです(笑)
革靴だったもっと良かったでしょうねー

by (2008-02-29 11:54) 

響

◆ an-kazuさんへ
見事でしょう?
煉瓦のボコボコ感!
錆びたレールと竪坑櫓!
煤けたコンクリート!
どれを取っても超一流の廃墟でした。

by (2008-02-29 11:57) 

響

◆ だい吉さんへ
ジャンボーグ9ですか?(笑)
オフ車でも変身できますよ。
だって最初の方のライダーってオフ車ベースでしょう?
工事現場の地面が爆発するのを避けながら走ると
カッコイイですよ。
僕が遠くから写真を撮ってあげます。
by (2008-02-29 12:04) 

響

◆ unicoさんへ
大丈夫でした、安心して寝てください(笑)
あの暗闇で誰かに捕まると言う以前に
「ワッ」って言われただけで気を失うかも・・・(汗)
by (2008-02-29 12:06) 

響

◆ paceさんへ
日活映画のアクション物ですね?
ちょっとHな方を想像してしまいました(汗)

by (2008-02-29 12:08) 

響

◆ yogawa55はやぶささんへ
五木さんが書いた原作は大昔に読みましたが
映画はまだ見たことが無いのですよ。
こんど雨でバイクに乗れないときなど見てみるかなー。
by (2008-02-29 12:09) 

響

◆ ほにゃま~れさんへ
行動派の ほにゃま~れさんだったら本当にすぐに
行ってしまいそうですね。
この万田坑は近くに資料館があるのでそこで申し込むと入れるようです。
僕みたいに邪道な道で入るとコソコソしないといけないので
僕も次は申し込んでじっくり見てやろうと思っています。
by (2008-02-29 12:12) 

響

◆ wpoさんへ
そうなのですよ。
資料館にお願いして入ればよかったとちょっと反省してます。
元炭鉱マンさんからの説明だったらさぞ、
リアルな説明が聞けたでしょうね。
炭鉱はやっぱり水が溜まってるのですね?
坑道を維持するのに一番大変なのは水らしいので
入れる坑道が無いのはそのためらしいです。
by (2008-02-29 12:17) 

響

◆ key-kさんへ
大げさな予告をしてしまいましたが
最後を飾るには最高の廃墟でしょう?
本体も素晴らしいですが
周辺のトンネルや煙突など、ワクワクするものがいっぱいで
かなりHITした場所でした。

by (2008-02-29 12:19) 

響

◆ ぱどるているさんへ
映画のワンシーンと言っていただきありがとうございます。
最後に小さい声で「コエ~」って入ってるのは
聞かなかったことにしてください(笑)
by (2008-02-29 12:24) 

村雨阿知乃

こんにちは、先日はどうも

>仮面ライダー響亀

・・・・・かなりツボってしまいました(爆)
動画も秘密組織の基地っぽく・・・・最後に肉声が入っているので笑えましたっ!!
本と・・・・凄い建物ですねぇ・・・・・ライダースペシャルは是非参加したいですっ!!
by 村雨阿知乃 (2008-03-01 12:21) 

響

◆ 村雨阿知乃さんへ
ライダーはやっぱり仮面ライダーが大好きってことですよ。
あの小さく出た声をしっかり拾ってしまってましたねー(汗)
by (2008-03-02 10:59) 

もきち

200円でこんな素晴らしいものが見られるんですネ!!
ず~っと ため息ため息・・・で写真を見てました。
by もきち (2008-03-13 09:15) 

響

◆もきちさんへ
ここはやはり九州の奥深いところを見たいのであれば
外せないスポットです。
歴史の背景と残った廃墟の組み合わせが美しすぎる。
by (2008-03-13 17:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます